護法少女ソワカちゃん上映会「電奇梵唄会」レポートしてみた

 中継点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護法少女ソワカちゃん上映会「電奇梵唄会」レポートしてみた

護法少女ソワカちゃん 電奇梵唄会(でんきぼんばいえ)
「本朝OVER THE RAINBOW縁起」唯識論的本質直観的レポート


********** はじめに

どうも、ニコニコ動画のソワカちゃん界隈で
色々やらせていただいているkumamiです。

じつは、今回のソワカちゃん上映会には、
「運営有志」側の立場で参加させていただいておりました。
6月に公開していただいた「公式宣伝動画」の制作担当と、
当日の会場案内スタッフとしてお手伝いをさせていただき、
一般参加の方とはちょっと違ったタイムテーブルで動いていました。

せっかくですから、朝のスタッフ待ち合わせから
閉会後のスタッフ打ち上げまで、
自分の見てきた範囲で、できる限り盛りだくさんのレポートを
信者の皆さんに見ていただければと思います。

一般参加の方に比べて、スタッフやさくしゃさんに
比較的近づくことができる立場にあったことは
そうしたくても出来なかった信者さんに申し訳ないような
なんだか複雑な気持ちもありましたが、
だからと言って隠すよりは、話せるとこまで暴露するほうが
むしろ喜んでいただけるのではなかろうか、と考え
けっこう色々書いてしまっています。

以下の内容はすべて私の体験したことですので、
勘違いとかうろ覚えとかで多少事実と異なる部分があるかもです。

当日の参加者さん、スタッフさん、さくしゃさんには
出来る限り「これ、ブログに書いちゃっていいっすか?」と確認を取り
それに準じた内容にまとめてあるつもりですが、
何かちょっとマズいことを書いてたりしたら
ご指摘いただければ即座に対処します。

あと、一部の方をネタ的に弄ってます。サーセンwww

以下、とてつもない長文かつ画像もそれなりにあります。
お暇な方は「続きを読む」をどうぞ。

********* 前日までの準備

上映会が近づくにつれ、にゃっぽんの日記などで
「ソワカちゃんTシャツ作った」とか
「バジュラ買った」とか
「ビーム出すために隅田川の土手で練習してる!」とか
ネタを仕込んでる報告が続々とあがってくるので
これは何かやっとかなきゃ! と思い
サクッと作ったのが「ソワカちゃん風まがいもの文庫本」です。
文庫

全5種類。この文庫本はのちのち大活躍です。
なお、印刷できる画像も後日配布予定です。需要あるか知らんけど。

服装は、ネタに走るか無難に行くか、だいぶ悩んだのですが
いちおう会場案内係だし、文庫本持ってればネタになるし、
まあ無難に行っとこうかなと判断し、
ごくごく普通のコーディネイトで妥協。
一応、カバンにグルグルのマークを付けておきました。
01.jpg

…本当は新横浜ラーメン博物館で買ったナルトマスコットです。
どう見てもナルトだよなあと思いつつ付けていったんですが
信者さんに案外グルグルと認識してもらえて嬉しかったです。

あとは時々痛み出す奥歯があるので、念のため歯医者で頓服を貰ったり
かばんに荷物を詰めたりしながら、
ワクワクソワソワしながら当日を待ちました。
ワクワクソワソワしながら当日を待ちました。
大事なことなので2回言いました。

********** 待ち合わせ~会場へ

先に書きましたが、自分は会場スタッフとして参加していたため
午前中に他のスタッフさんやさくしゃさんたちと
歌舞伎町の某所で待ち合わせでした。

数年ぶりの歌舞伎町、迷わないかすごく心配でしたが
Googleマップ・ストリートビューの恐るべきハイテクノロジーで
写真で現在位置を確認しながら難なく待ち合わせ場所到着。
色々ボロクソ言われてるストリートビューですけど、
こういう時に役に立つ機能なんですね。すげえ。

待ち合わせ場所にてスタッフの方と初顔合わせ。
まとめてるあの方とか、着メロのあの方とかが私の目の前に!
すべてネット上で連絡を取り合っていたので、
本当に全ての方が初対面で緊張しましたが、
皆さん優しい方ばかりでだいぶ安心し、
打ち合わせの途中で呑気にコーヒーとか飲んでた時に
01.gif
ちょ、さくしゃさん気配Neeeeee!
ものすごい不意打ちに心臓止まるかと思いました。
それにしても…いやあ、本当に女子校生だったとは驚きましたね。
しかも超キュートなんですよ。
こんな可憐な少女の手からあの名曲名動画が生み出されているなんて…。

この後もさくしゃさんは、気がついたらさっき座ってた場所に居なかったり
いつの間にか横らへんに立ってたり、なんだかとっても神出鬼没でした。
02.gif


打ち合わせの時、本日の来場者へのオマケ、ウチワを見せて頂きました。
可愛いー!
うちわ

事前打ち合わせも終了し、ロフトプラスワンへ移動。
実はロフトプラスワン初体験です。
50位のキャパのライブハウスしか見たことがなかったので、
一見した印象は「広いなー」でした。
変なところに楽屋につながる階段があったり、
壁一面がまんがでいっぱいの本棚だったり、
奥に畳敷きのお座敷席があったりして、何かと愉快な場所ですね。
150のキャパ一杯まで人が入る、ということで
この会場が信者さんで埋め尽くされると思うと、もうね…
み w な w ぎ w っ w て w き w た w w w

会場準備は、外に上映会のポスターを貼るとか、
受け付けの準備をするとか、テーブルにメニューを並べるとか、
貴賓席や足りない椅子を並べるとか、そんな感じです。
かなりの部分、ロフトプラスワンの店員さんが手伝って下さったので
作業としてはけっこう楽でした。

ロフトプラスワンの入り口に出ていた本日の告知看板。
看板

外に貼られていたポスター。
「フォーク並び」にバツが付いて「チケット記載の整理番号順に並んでね」。
フォーク並びはちょっと無理な地下の階段でした。
ポスター

各机に置いてあった、梵唄会特別メニュー。
メニュー

ドクペ・どろりとしたハブ酒・カクテキ付コーヒー、
都こんぶ・カロリーメイト・具なしナポリタン。
自分の予想(pixivイラスト)がけっこう当たってたー!
具なしナポリについては、店員の方に
「本当にいいんですか?」と心配されながらも(これも予想通りw)
ケチャップのみ、調味料すらなしを敢行し
あの「ケチャップ味の暴力」を忠実に再現したそうです。

映像・音響担当の方たちは、データの最終チェックとか
音量の調整とかで、かなりギリギリまで忙しそうにしておられました。
本日上映予定の映像が断片的にスクリーンに映ったり止まったり…。
時々、明らかな新作映像があったりして「おぉ!?」となるんだけど
呑気に見ているわけにもいかず(とか言いつつどうしても手が止まりがち)。

この辺りで、フロアにいらしたさくしゃさんは
「登場まで隠れてて」的なことを言われて楽屋に女子校生軟禁。
外を覗いたら、皆さん混乱もなく
フォーク並び…じゃなくて整理番号順並びをしていらっしゃる様子。
「30秒後に入り口開放しまーす」との声、いよいよ入場です。

********** 開場~セットリスト

以下、梵唄会そのものについてのレポになりますが、
とにかく情報量が多いので、テーマごとに分割でまいります。

開場後は、続々現われる信者の皆様を席に誘導。
とは言っても、皆さん譲り合って綺麗に座っていかれるし、
ある程度埋まってきたら、ロフトプラスワンの店員さんが案内をして下さり
非常にスムーズだったと思います。

ロフトプラスワンは、ここステージ見えないんじゃ…みたいな場所まで
机と椅子を置いて「客席」ってことになっていたりするので、
(全ての場所から演目が見えるように、モニタは沢山設置しているんですが)
最後の方にいらした方には、その辺りを案内しなくてはならず
そこのところが非常に心苦しかったです。ごめんなさい。

開演後のセットリストは以下の通りでした。

  ◆  ◆  ◆

新作オープニング映像(ニコニコ動画にうpされています)

司会者さん、アヨハタさん、亜樹28号さん登場、前説
OP/第6話/第7話/第8話/再生と法滅の間/コードネームは赤い数珠/千々石ミゲル友の会
司会者たちによるトーク
第2話/第3話/第4話/第5話/メリークリスマスinお寺/ソワカちゃん音頭
 (15分の休憩)
アーサーさん、usbさん、天狗さんによるバンド「涅槃」(命名:さくしゃさん)による
演奏+歌のセッション動画(15分くらい、後日分割うp予定らしいです)
司会者たちによるトーク
第9話/第10話1/第10話2/第11話/一蓮托生なり三兄弟/第11話CoolYoung
 (10分の休憩)
さくしゃさん、伊藤剛さん、SoltyDogさん登場、トークショー
第1話1/第1話2/第1話3/第1話4/噫無常 (がくぽVer)/
ED(一部新作差し替え有り・ニコニコ動画にうpされています)

じゃんけん大会(商品はさくしゃさんの描いたソワカちゃん色紙)
エンディング映像(まとめサイト管理人SaltyDogさん制作のソワカちゃんまとめ動画)


※「新作」表記がある作品以外は基本的にニコニコで公開されたものと全く同じでしたが
 OPの音源はPIAPRO版(ミクの声のポルタメントがオフの方)に差し替えられていました
※休憩時にはソワカちゃん・旧作・袋の曲のインスト版がBGMに流れていました

********** コスプレ!

今回、コスプレとして登録されていたのは9名でしたが、
更衣室なしで羽織ったり装着できるコスに関しては事前登録不用ということで
会場内にはけっこうな人数の怪しげな(褒め言葉)人々が…。
そういうわけで、当日見かけたコスプレの方を記憶にあるかぎり紹介します。

ソワカちゃんが3人くらい? 違ったらごめんなさい。
みなさん見事になり切っていたので、ちゃんと区別できてないかもです。
うち1人は、ソワカちゃんタスキに真っ赤なスピーカーで
「スクラップ&スクラップ!」1話その1の姿でした。
ああ、ソワカちゃんのどなたかに「憲法九条の暗号」の文庫を持ってもらって
第4話の電車のシーン再現してもらえばよかった…。
03.gif

レンが2人。ツーショットで「亡國浪漫 改」のポーズを取っておられました。
女の子が少年コスっていうのは良いですねー(萌えポイント)。
04.gif

謎のイケメンもいました! かっけえ!
カロリーメイト持ってましたよ。せめて名前を教えてー。
撮影のときは、ソワカちゃんズに囲まれてモッテモテでした。
05.gif

クーヤンと眼球たん、ステージ近くの席で目立ってました!
ちょっと後ろの席には、てんぐー&大仏さまが仲良く並んで…。
(こちらの天狗は、演奏してみたの天狗さんとは別の山からいらしたそうです)
「好きよ留学生」の猫は、もはや一線を超えた萌えキャラに。
未秘さんは2匹も!
06.gif

個人的にめちゃめちゃ気に入ってしまったのが1話その4のロボ田!
写真を撮らせていただこうとしたら、ちゃんと「変なメモ」を出して来られた!
しかもそのメモ、動画と同じく左上がちょこっと折れ曲がってるんですよ!
07.gif

あと、アイテムとしてバジュラを持ってきておられた方や
メリークリスマスの時だけ鼻メガネ装着されていた方、
あみぐるみ人形(超可愛いソワカ&クーヤン!)を持っておられた方、
何かソワカちゃんテイストの柄の服だった方など、
コスプレまでは行かずとも、何かしら見た目でネタを仕込んでいた方は
けっこう多かったと思います。
自分もずっと会場内では文庫本持ってましたしね。
とくに申し合わせたわけでもないのに、何かしらネタを仕込む人が多い
ソワカちゃんクオリティに感動しました。

********** 上映~ケチャップ味の暴力

最初に機材の不調で音出しが遅れ、一瞬どっきりしましたが
それ以降はつつがなく上映されました。
オープニングは不思議な雰囲気の新作動画。
夢とうつつの境界線が曖昧になるようなその内容は、
ソワカちゃん世界にどっぷり浸かる3時間の最初に相応しい内容です。
しかしこういうのが来るとは…本当、さくしゃさんは予想を裏切ってくれる、いい意味で。

それ以降の作品は、基本的に家で観てる動画と同じものの筈なのに、
こういう場で改めて観ると、何故か新鮮に感じます。
そしてさすがライブハウス、音響いいわー!
低音がしっかり聴いてて、ソワカちゃんのカッコいいベースが効果的でした。
何だかんだで全話、声出して歌ってしまったため、のどが枯れました。
こんだけ大音量なら聴こえないと思ってたけど、隣の人にそれ丸聞こえ~だったらしいorz
まあいいや、すっごく気持ちよかったなあ…。

「メリークリスマス」と「はすのうてな」では泣くんじゃないかと思ってましたが、
一応何かあったら動かなきゃならないスタッフという緊張感が功を奏してか、
涙目になったくらいで持ちこたえました。(それでもちょっと泣いてる)
ふと客席を見ると「はすのうてな」でマジ泣きしてる方もいらっしゃいました。
その後のED新作部分の仕掛けは予告なしだったので、
皆さん「そうくるか!」と大爆笑。
泣いて笑って、本当に楽しい上映でした。

上映順は、最終的にさくしゃさんが決めたそうです。
話数順と公開順の折衷案という感じで、
話がつながっている部分は繋げて上映しつつも
おおよそ公開順に全体を俯瞰することができる構成だったと思います。

アーサーさん・天狗さん・usbさんの「涅槃」セッション動画は
しょっぱなから爆笑、中身もカオスかつカッコよく、面白かったです。
いや、この3人のバンドとか、実現すればいいのにとは思ってましたけど
あれだけ個性的な面々がひとつに集まるとか不可能なんじゃ…
しかもネット越しで、2ヶ月くらいの準備期間で…
と思ってたけど、信者パワーはそんなハンデも越えたんですね。感動です。

最後に上映された、まとめサイト管理人さんのまとめ映像が良かった!
「そんな所に神は宿らない」に乗せて、今までの名シーンや
キャラクター紹介の映像が流れるのですが、
んもうSaltyDogさん、なんでこんな才能があるのに動画うpしないんですか!
と叫びたくなるような、愛の詰まった素敵な動画で、
本日三度目に、この動画で泣きそうになってしまいました。

休憩時間のBGMでも信者さんたちが合唱を始めてしまい、
止めるの勿体ないからと、司会者さんが歌の切れ目まで休憩終了を待ってくださったり、
とにかく皆様の一体感を感じるイベントでした。

司会の方は、JJポリマー成田優介さん。
プロなんだから当たり前なんだけど、すごく頭の回転が良い方!
さくしゃさん及び運営有志の皆様は、当然ながらトークに関しては素人なので
ともすれば全体的にグダグダ~っとなりがちな空気を
うまいこと、そのグダグダ感までネタとして丸め込みつつ
見事に上映会を進行してくださっていました。

ソワカちゃんに関しては、初見リアクション担当者ということで
意図的に全話は観ずに本番に臨まれていたようです。
そのため、何か上映ごとの一言感想が
私が最初にソワカちゃんを観たときのパッションそっくりで面白かったー。
発言の端々に、サブ狩るアングラ方面への造詣が感じられたり
さくしゃさんへの、同じ「クリエイター」としての敬意が感じられ、
(トークショーの時のツッコミも愛の裏返しですよね!)
この方を司会に選んだ運営の方グッジョブ!と思いました。

さて、会場内では、ロフトプラスワンの基本メニューに加えて
先に書いた上映会オリジナルメニューが注文可能。
以下はそれらの感想です。

◆ドクペ
  8話。ドクペうまー。ごく普通のドクペです。注文しました。
  近所には売ってないので、つい嬉しくて空き缶をお土産にしてしまいました。
  ドクペ
  何気に人気で、ハブ酒の次に完売した模様。

◆どろりとしたハブ酒
  5話。ど~ろりとした~ハ~ブ~酒~。
  裏では「残っちゃったら困るなー」と心配してたんですが、
  蓋を開けてみたら序盤で瞬殺だったようです。ちくしょー飲み損ねた。

◆カクテキ付コーヒー
  10話その2。クーヤン先生それカクテキ。
  小皿にティースプーン、ポーションミルク、カクテキ1個が付いたカオスなコーヒー。
  お味の方は……ぶっちゃけ不評だった模様! まあネタとして…。
  08.gif

◆都こんぶ
  10話その2。わらしべ長者手法。
  ごく普通の市販のアレでした。

◆カロリーメイト
  4話・噫無常など、ソワカちゃん及びイケメンのキーアイテム。
  これは残念ながら、ハーフサイズの箱だったため
  動画に出てくるものと形が違っていました。

◆具なしナポリタン
  1話その1。ケチャップ味の暴力。
  具無しナポリ
  私は自分の作った二次創作動画で実際に作っていますから、
  ケチャップのみで味をつけたソレがどれだけ暴力かを良く知っていました…。
  (動画制作後、完食はしましたけど、実は我慢できずに味つけし直したんだぜ…)
  皆さん「暴力」を体感することができて、ほんとうに良かったね!
  「あれ、旨かったよ」って言ってたスタッフの某さんの正体はきっとクーヤン。

そのほかには普通に生ビールとかが売れていました。
そういえば、壇上のスタッフやコメンテータ、司会のみなさんもガンガン飲んでて…
まあ、そのせいだかなんだか、トークショーが面白いことに…。

私はおかしい酔い方をするので、昼間はアルコール我慢してました。
その反動で打ち上げで色々アレだったりしたんだけど、それはまだ先の話。

********** トークショー~じゃんけん大会

上映会後半に行われた、さくしゃさんを囲んでのトークショー。
いやーもう面白かったです。さくしゃさん素敵だったです。

さくしゃさんは、モモショーのコスプレなのでしょうか、
サングラス、バンダナ、黒い指出しグローブ、ごついベルト姿で登場。
いやあ、女子校生がこんな格好するって萌えますよねえ。
09.gif

朝お会いしたときはこんなに防御力高そうじゃなかったのに…。
自分のキャラをいろんな部品で記号化することにより
顔出ししつつも覆面性を維持するという配慮なのかなと思いました。

で、トークショーの方は…おそらく公式サイトかニコニコ動画の方に
公式レポが上がるんじゃないかと思いますので、
とりあえず私が面白いと思ったところ箇条書き。

 ・「ソワカちゃんの謎にせまる!」ということでテンション高くトーク開始
 ・何か既に酔っ払いと化している、進行役の筈の亜樹28号さん
 ・司会者に叱られる亜樹28号さん
 ・司会者に「よこたとくお」「赤塚不二夫」呼ばわりされる亜樹28号さん
 ・よこた先生にも赤塚先生にも似て見えてくるから困る
 ・さくしゃさん「まとめサイトを見れば書いてあるんですが」とまさかの丸投げ
 ・司会者に叱られるさくしゃさん
 ・マイナーな音楽の話題をマシンガントークする伊藤剛さん
 ・ソワカちゃん好きが伝わっては来るんだが、さくしゃさんの喋る余地がないぞ伊藤剛さん
 ・何だかだんだん、伊藤剛さんが恋は盲目的な萌えキャラに見えてくる件
 ・とりあえず全体的にgdgd、だがそれがいい
 ・ソワカちゃんは全部マウスで書いている
 ・「(一話につき)絵はどのくらいかかるんですか?」
  「んー、枚数は100枚くらい、時間は10時間くらいです」
  「めちゃめちゃ早いですよ! 一枚5分ですか!?」
  「…んー、もうちょっとかかるかな? …12時間くらいです」
  「誤差の範囲内ですよ!!」
 ・文章ではうまく伝わらないけど、司会者さんのフォローが実に面白い
 ・昔、バンドで「破壊的キーボード」のパートで床を転がったりしていたらしい
 ・でも、キーボード自体を破壊すると高くつくのでゴミとか投げていたらしい
 ・みんなソワカちゃんから色々なものを汲み取ってくれるが、気付いてくれない部分もある
 ・(それはどこ?)「似顔絵とか…」(どこがそうなのかは結局謎)
 ・ファンの年齢層は何歳くらい? と手を上げてもらう展開に。20代後半くらいが多め?
 ・最年少は11歳のお嬢さん! 年齢・男女ともに万遍ない印象
 ・「結局謎は解けずでしたー!」てな感じで最後、時間通りにうまくまとめた司会者さんGJ

えーと、自分でまとめようにもまとめないのとほぼ同じですね。
すごく面白くて、さくしゃさんが何か一言発するたびに会場が沸いてたんですが、
なかなかその雰囲気をお伝えするだけの筆力がなくて申し訳ないです。
皆さん本当に個性的で面白かったです。

トークショーの後、最後の上映を挟んで、最後はジャンケン大会に。
さくしゃさんと会場の皆さんでジャンケンをして、
最後に勝ち残った方に、さくしゃさんのソワカちゃん色紙をプレゼント。
で、勝ち残ったのは、なんと最年少11歳のお嬢さんのお母様! 母は強し!
壇上に母娘で上がられて、さくしゃさんから色紙を手渡されたときに、
娘さんが、手作りと思しきパパ和尚の人形をプレゼント。
仕込みとかじゃなく運だけでこの展開は凄すぎる! 感動しました。

最後、例のpixivにもうpした「はじまりの冷麺」文庫本を持って
出口前にて「おつかれさまでしたー」と挨拶していたのですが、
何人かの方に「kumamiさんですか?」と声をかけてもらえました。嬉しい!

そんな感じでイベントはつつがなく終了しました。
これ以上ないというくらい楽しかったです。
スタッフとか観客とか関係なく、ソワカちゃんに関わった全ての皆様、
本当にありがとうございました!!

********** 打ち上げ~帰宅するまでが梵唄会です

というわけでイベント自体は終了し、
撤収を済ませた後、スタッフ一同で打ち上げという流れになりました。
打ち上げメンバーは、顔出しNGの方も混じっておられたので詳しくは書けないのですが、
イベントで壇上にいらしたり、まとめ・布教・二次創作で支援しておられた方々が
色々参加していて、そうそうたる顔ぶれでした。
ネット上では、何となく近寄りがたい孤高の雰囲気がある方もいらしたのですが、
お会いしてみたらみんな同じソワカちゃん信者、素敵な方ばかりでした。

とりあえず私、この一生に一度となりかねないチャンスに
さくしゃさんに話しかけないでどうすんだ、でも勇気が出ない、
仕方ない、酒の力を借りてくれるわ! みたいな勢いで飲んでたので、
あきらかに打ち上げ終盤ではおかしいテンションになっていました。
もう、あの時話したこと、思い出して悶え死ぬ状態です…。

実は、ひょっとしてひょっとするとサインとか貰えるかもと思って、
密かに色紙を入手してアレしてたんですけど、
何か打ち上げの雰囲気をながめてて、ふと
「この豪華メンバーで寄せ書きしてもらっても楽しいんじゃない?」
「あ、その寄せ書きをさくしゃさんにプレゼントしちゃえばいいんじゃない?」
と場当たり的に思いつき、実行してしまいました!
よせがき

全体像は、おそらくさくしゃさんブログか公式アフターレポにうpされると思うので
とりあえず自分のパートだけチラ見せで失礼します。
すごいですよ。伊藤剛さんの描いたクーヤンとかおそらく超レアですよ。

ど真ん中の一番いい場所を私が取ってるのは、
言いだしっぺがまず書かなきゃの法則によるものです…。
机の向こう側まで、寄せ書きの意図がちゃんと伝わってなくて、
受け取るべきさくしゃさんまで絵を描いてしまってるんだけど、
自分の絵とちょこっと線が被ってるのが何だか嬉しいー。

あと、せっかく作ったので、例のまがいもの文庫カバーを
さくしゃさんに見ていただいてしまいました。
で、酔った勢いで「サイン本にしていただけませんか?」と…。
…す、すみません! 抜け駆けすみません!
画像はうpしていいか確認し忘れました。重ね重ねすみません。

さくしゃさんは、伊藤剛さんと延々話し込んでおられて
(伊藤さんがあまりにも嬉しそうなので傍観していました。まさに恋する乙女状態でした)
私はあまりお話をさせていただいてないのですが…。
「大好きです」とかって、動画内では書けても面と向かっては言えないものですね。
「これからも二次創作やらせて頂きます」というのは何とか言えました。

あと、酔っててテンションがおかしくなっていた打ち上げ終盤のあたりで
DTMとかミクの調整について、友人2人で色々と根掘り葉掘り聞いてしまった覚えが…。
そういうのは今日するべき話とは違うだろ! と思い返せば反省しきりですが、
ド初心者の質問に酒の席で全部マジレスしてくれたさくしゃさんはいい人過ぎます。
きちんと参考にして、今後の自分の作品に生かしたいと思います。本気で!

あとは他の信者さんたちと、いろいろな話をしていました。
コラボとか良くね? みたいな話でけっこうテンション上がったりとか、
あの信者さんの動画は凄かったとか、次の動画はどんなネタがいいかなーとか、
録音機材について説教されたりとか(500円のマイク使っててすみません!)
そんで最終的には「さくしゃさん大好き」という結論に達したりとか。

それにしても私の正体ってそんなに驚かれるようなものだったですかね?
信者にはよくある話じゃないですか、実は子持ちのガチムチ兄貴なんて。
「私は音痴ですからねー」などと弱音を吐いたら、
「音は合ってますよ! 声が面白いだけです!」と言ってもらえて
実はすごく嬉しかったんだぜ…。いや本当に。

そうこうしているうちに終電の時間になったので、私は帰宅。
さくしゃさん他何人かの方は、更に夜の新宿に消えて行ったようです。
大丈夫なんですかねえ、女子校生が夜の飲み屋街をふらふらして。
でもまあ、翌朝一番にOP・ED動画がうpされていたし、大丈夫だったのでしょう。

私は深夜に帰宅し、ネットに一言報告を書きながらテキストエディタを開き、
レポの最初の辺りを書きつつもいつしか寝落ち…でした。
翌朝、夢だったんじゃなかろうな、と思いつつも
カバンの中の記念品ウチワや、PC内の写真データを確認して
夢じゃなかったんだ…と再確認。

ああ、本当に楽しかった。
もう死んでもいいと思うくらい楽しかったけど、
さくしゃさんの新作がうpされ続ける限り死ねないよな!
信者としての活動も頑張りたいと思います!
昨日、面と向かってはどうしても言えなかったんでここに書くけど、
さくしゃさん愛してるー!!

長すぎる文章を最後まで読んでくださった方、
どうもありがとうございました。
ぼんばいえー!


(おしまい?)











管理者宛の投稿

電奇梵唄会に行ってきた★

2008/8/9 護法少女ソワカちゃん 電奇梵唄会「本朝OVER THE RAINBOW縁起」@新宿ロフトプラスワン 行ってきました。大好きなソワカちゃん尽くしの...
プロフィール

くまみ

Author:くまみ
色々やってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。