解説してみた

 中継点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解説してみた

局所的にセルフ解説ブームが巻き起こっているという噂を聞いたので
ソワカ杯のアレを解説してみました。
書いてみたら全然面白くなかったんですが。

★ご注意
うp主はチキンなので事前の言い訳が止められない。

★タイトル画面
うp主は素材サイトから写真とか借りるときに規約を満たすのが面倒なので、大抵自分で描くか撮るかしてしまうが、この蓮写真素材を配布しているサイト「オガワナオキのフリー写真素材集」さんは、とっても粋な使用条件で写真のクオリティも高くて大変ありがたく利用させていただいております。テラおすすめ! これは解説じゃなくて宣伝ですね。

★大好き ニコニコ動画に
背景のポスター、左は戸川純「玉姫様」、右はモダンチョキチョキズ「別冊モダチョキ臨時増刊号」。にゃっぽん内で「ソワカちゃん好きな人は戸川純とモダチョキも好きである法則が成り立つ」という話題が出たことに由来している。どっちかというとモダチョキより純ちゃんの方がソワカちゃんファンと親和率高いと思うんだけど、何故かコメントでは速攻でモダチョキの方に反応が来たのでびっくりした。
モダチョキの下にちらっと見えてる緑のは、似せようとしてないので絶対わからんと思うけど映画「マイク・ザ・ウィザード」のポスター。「創作を愛するクリエイターの気持ちが、オトナのしがらみを越えて奇跡を起こす」というテーマ(うp主の独断含)が何となくソワカちゃんやニコ動を取り巻く状況とオーバーラップする。マイナーだけど素敵な映画。
ノートPCはうp主の愛機Thinkpadを見ながら描いたのでやたら四角ばっている。モニタに映ってるのは一応2007年10月8日前後の「初音ミク」タグ検索結果のスクショなのだが、ソワカちゃんのサムネが入ってないという致命的なミスがあるだなんて言わなきゃバレなかったでしょうか。
「ボカロオリ曲の新作チェック …と。」という口調は、ポエ山さんのゴノレゴシリーズが元ネタ。絵までゴノレゴ風にしたらいくらなんでも動画の初っ端としてどうなのかというふいんきになったのでやめた。

★ある日突然うpされ
1年前のニコ動のスクショが見つからなかったので、現在のニコ動(夏)のレイアウトを使用。当時は本当はまだバージョンγくらいだったのかな?

★心とらわれた私は
「護法少女ソワカちゃん電奇梵唄会オープニング」で、虹蜘蛛に刺されたクーマラが元ネタ。

★マイリス入れたり弾幕飛ばしたり
動画用にスクショを撮りに行ったらOPの「愛してる~」弾幕が薄くて使えなかったのが残念。よほど自分で弾幕増量してやろうかと思ったけど、自然に発生した弾幕が美しいんだというへんな思い入れがあったのでやめた。1話その4の「ありえねえし」「応援してるぞ」弾幕も入れれば良かったなあ。

★登場キャラに~妄想を
ニセウルトラマンをはじめとして、お子様エンタテインメントにおけるニセモノの似てなさ、及びそんなニセモノの行動に簡単に騙された上に今まで築き上げた友情や信頼を簡単に打ち捨ててウルトラマンたちをボロクソにけなす脇キャラの描写に、うp主は不満タラタラ。
いきなりトーナメント展開になるのは「週刊少年ジャンプ」連載漫画の常套パターン。「もうちょっとだけ続くんじゃ」は「ドラゴンボール」で亀仙人が言った台詞が元ネタ。結果的に「もうちょっと」の方がそれまでの連載期間より遥かに長く続いた。
「アタシ ソワカ…」の文章は、話題のケータイ小説大賞受賞作「あたし彼女」が元ネタ。動画うpの前日にtwitterであたし彼女ネタが盛り上がり、その場のノリで急遽差し替えた。差し替え前は「コブラ」のダブルパロで「次は宇宙編だぜェ!」みたいなネタを用意していた。差し替えてよかったと思う。
妄想最後のカットのシルエットはパパ和尚のつもり。実際、生き返るとかそういうのはないと思うけど。

★実体化できる能力を持つ
pixivの投稿イラストのスクショのイメージ。アゴとんがりウイルスに感染中。画像サイズは実際に666×666にしてある。同人女子のイタいセルフツッコミを再現したかったのだが、むしろ(暗黒微笑 系のキャラの方が面白かったかもしれない。

★いないよりは いた方が便利…かな?
うp主は冬コミ行けません…皆さん楽しんできてください…。
コメントに「青封筒」ってありましたけど、これは普通の当落通知の封筒の色のつもりでした。このミクは青封筒が届くような大手さんにはとても見えない。
後ろに登場するソワカちゃんキャラは、まあ所謂BL系で弄られそうな面々をピックアップしてみた。

★私たち作者さんの掌の上
「極楽に行きたいのなら」の極楽に行く薬を飲む手が元ネタ。というか、pixivのさくしゃさんのプロフ画像がこの手の画像なので使ったというのが本当のところです。

★毎回泣いたり笑ったり
泣いてる顔は「はすのうてな」のパパの葬儀で泣くクーヤンの顔、笑ってる顔は2ちゃんねる発祥キャラ「やる夫」のムカつく笑い顔AAが元ネタ。

★必読書は正直多すぎ 読み切れない!
読み切れません。助けてください。
アマゾンの箱って無駄にかさばりますよね。
本棚の上の段に並んでいるのはうp主が大好きなハヤカワ文庫のSF、いわゆる「青背」。「今日の早川さん」で早川量子さんの本棚がこんな感じに真っ青なのを自分だけにわかるレベルでリスペクトした。

★通販で買った五鈷杵は練習中
当然練習するよね?
「いつかビームが出る日まで」は新井素子の「いつか猫になる日まで」が元ネタ。背景のミクはOPでビームを出すソワカちゃんが元ネタ。

★愛の真言~とどけ
ミクが布教する相手をどうしようかと考えたところ、まださくしゃさんが描いてないボカロキャラが海外組とがくぽくらいしか居なかったのでおのずとこうなった。うpした後に気付いたけど、ナスは1話その4にも登場していた。ソワカちゃんはかなりナス度の高い動画シリーズだと思う。
「と~どけ~」の場面は「ウサテイ」のあのウザい人が元ネタ。
ここらあたりのフレーズはそのまま「真言=ソワカちゃんへの愛情表現」という解釈で行けると思ったので替え歌にはしていない。がくぽにもこの想い届いて欲しい。

★夢の旧作 袋も みかんも
ソワカちゃんだけじゃなく、さくしゃさんがニコ動に動画うpしてから一周年という区切りでもあるので、出来る限り全作品のキャラクターを出したかった。

★五十六億七千万年後も愛してる
OPの同じ場面のネタそのままキャラ変えただけ。12話の「にお」はどこかに入れたかったので急遽織り込んだ。「あなたと○○したい」の「○○」に何を入れるか考えあぐねていたので正直助かった。
背景の地球は「NASAの者ですが」と怖い人が来たら嫌だと思って加工しまくったら地球にすら見えなくなった。

★護法少女ソワカちゃん
最後の最後にあわてて描いた集合絵なので細かいツッコミは勘弁してください。

★愛しているからおめでとう一周年!
ミクがソワカちゃんにおめでとうを言うとか、ほんとメタメタしいですよね。「メタメタしい」って「ヘビメタっぽい」って意味で使われることもあるようですが、是非とも「メタフィクショナルであるさま」という意味でも人口に膾炙してもらいたいところ。
セルフ解説、乙です!
分からないネタが一杯ありました。
なぜか私もモダチョキのアルバム持ってます。
1st、2ndだけですが余りCDを買わない人間なので
例の仮説の好例に当たるかも…?
> SaltyDogさん
なんか速攻で見つかった…! コメントありがとうございます。
面倒だったのでまとめサイトみたいに丁寧に元ネタをリンクしてなくてすみません…。
でも、大体ググればわかるようなことばかりです。

モダチョキは3枚だか4枚だかくらいしかアルバムを出してないので
2枚持ってれば過半数です。充分ファンということでOKだと思います。
これでさらに仮説の信憑性が高まりました!(現在のサンプル数:3)
純ちゃんも好きですが、マリちゃんのソロ持ってます。
あとマリちゃんの旦那様の関連アルバムとか持ってます。
これは仮説の信用性を高める結果になったんでしょうか。
> パンださん

信用性が高まりました!(サンプル数:4)
やはりソワカちゃん好きは何かしら同じ要素を持ってる気がしますねー。
マリちゃん可愛いですよねー。
ここで「ツインテール」「どこかドライなキャラ」などを論拠に
ソワカちゃんとの関連性を語ろうかと思いましたが
さすがに無茶な気がしたのでやっぱりやめときます。
一時期モダチョキの黒幕の人と親しくさせてもらってました(ぼくのせいで喧嘩別れしましたが
没になったけど、ベスト盤のプレ選曲をさせてもらったこともありました
「自転車に乗って」「バブル」「博多の女」・・・好きな曲いっぱいあるなあ。
フェイクでキャッチーな音楽集団でした。
おお、山本ニューさんだ。このような僻地にようこそです。
モダチョキの曲はどれも印象的で、
アルバム内の印象が残らない曲というのがありませんでした。
ベスト版の話なんかもあったのですね…。

当時、リアルタイムで聴くことができて良かったなあ。
ベスト盤ってのはアレです
渋谷系のドン、小西康陽氏(略称・ドン小西)が手がけたリミックスアルバムのことです
恐れ多いことにスタジオ見学させてもらいました
過去の栄光ってヤツですネ











管理者宛の投稿

プロフィール

くまみ

Author:くまみ
色々やってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。